消費者金融の返済

消費者金融の返済をわかりやすくする返済シミュレーション

ご利用は計画的に、返済は計画的に、よく言われる言葉です。
どこの消費者金融ランキングを利用するか考えているときにその目的は審査に通り、希望の金額を借り入れることにあるでしょう。
借り入れ金額を受け取ってしまえばまずは一つ目の目的を達成します。
それで終わりではありません。
借り入れができたときからその目的は完済に変わります。

 

3万円を借り入れて1回で完済をする、それであれば危険なキャッシングではないでしょう。
ところが返済回数を重ねるほどにキャッシングの危険度は高まります。
今の時代に限ったことではないかもしれませんが、長い人生これKら先いつまでのことを確実に健康で確実に収入があると断言できるでしょうか。
恐らくは半年先のことはもう、危険の範疇に入っているはずです。
収入が減ることはないかもしれません。
しかし怪我や病気で入院することは考えられないことでもありません。
予定よりも返済が長期化してしまった場合、そこに子供の入学や配偶者の出張などが重なってしまえばどうでしょうか。
それもまた返済が難しくなる月が出てくることになります。
確実な返済、それがいたって簡単なようで実はそうでもないのだということを覚えておかなくてはなりません。

 

返済をするときには計画を立てましょう。
借り入れ金額、金利、返済額、元金充当額や利息の金額を充分に考えた計画が必要です。
やみくもに最低返済額だけを返済していたのでは、間違いなくその借り入れは長期間に及んで返済していかなければなりません。
利息の割合が大きくなるからです。
利息の計算式は難しくはありません。
借入残高×金利÷年間日数×利用日数
これで利息を計算することになります。
ところがそれを毎月行うことができるかといえば面倒が生じるものです。

 

そこで活用したいのは消費者金融の公式ホームページにある返済シミュレーションです。
返済シミュレーションでは借入残高と返済額を入力して返済期間をシミュレーションすることも、借入残高と返済回数を入力して返済額をシミュレーションすることもできます。
その計画の詳細を確認することもでき、毎回の返済額の内訳で元金と利息がそれぞれいくらになるのかも見ることができます。
自分で計画を立てることは難しいものです。
だからこそ返済シミュレーションを使いながら健全な利用を心がけましょう。

消費者金融の金利が高いのは保証人がいないから?

消費者金融からの借り入れには保証人は必要ありません。
一昔もふた昔も前のことになりますが消費者金融ではなくサラ金という言葉が浸透していたころには消費者金融から借り入れをするときには保証人をつけなければなりませんでした。
全ての消費者金融に保証人が必要になるのではなく、大手に近い場所にある消費者金融で保証人が必要になる傾向があったといった方が正確かもしれません。
保証人を見つけることは容易ではありません。
これから借金をするから、万が一の時には代位弁済を行う保証人になってほしい、そういうことです。
必ず返すから、迷惑かけないから、そんな言葉にどれほどの信憑性があるでしょう。
返済に迷惑をかけるかどうかではなく、保証人を頼むこと自体が迷惑極まりないことだった時代です。
現在は消費者金融で保証人は必要ありません。
保証人廃止の法案が提出されるなど法律としての動きがあります。

 

ところがこの保証人不要、私たち借り入れをする側にとっては安心できることですが貸す側である消費者金融にとってはどうでしょうか。
万が一返済ができなくなったときの後ろ盾がない、それは大きなリスクになってしまいます。

 

金利はリスクを表しています。
そのため消費者金融の金利は高くなっていると考えてよいでしょう。
銀行カードローンは申し込みをするために必ず保証会社による保証を受けなくてはなりません。
保証会社とは保証人と同じ役割を果たすものであり、返済が2か月行われなかった時には代位弁済が始まります。
保証会社も当然代位弁済は避けなくてはなりませんので申し込み時には保証をしてもよいか審査が行われています。
銀行カードローンとしては返済がなされなかったとしても保証会社による保証がありますので銀行自体のリスクは小さく金利は消費者金融よりも下がっています。
金利をリスクで表すと考えると、住宅ローンなどの大型ローンも相当に金利が低くなっていることがわかります。
返済ができなくなったとしてもその購入した住宅という大きな担保があります。
住宅を売却して残高にあてることができます。

 

保証人と金利の関係がおわかりになったでしょうか。
確実に返済をすることでその実績が認められれば消費者金融にとってもリスクが少ないと判断され金利が下がる傾向もあります。